Vol.4 中国SNS運用とは?〜各プラットフォーム紹介〜

中国で人気のある、活用すべきSNSプラットフォームを4つご紹介します。 それぞれ特長があり、その特長を捉えて運用していくことが大切です。

Wechat 〜中国版LINE〜

メッセージアプリであり、利用人口がもっとも多く国民的SNSと言えます。
ビジネスシーンでの利用やキャッシュレス決済での活用など、メッセージ機能以外にも幅広い利用方法があります。モーメンツ(タイムライン)、公式アカウント、ミニプログラムなどの機能もあり、宣伝から閲覧、決済までソーシャルECの一環を支えています。

Weibo 〜中国版Twitter+Facebook〜

TwitterとFacebookの中間のような存在です。
投稿に対してコメントやいいね、シェア、ブックマークが可能です。
140文字の中国語で投稿することができるSNSで、テキストのほかに画像や動画を含めることも可能です。Twitterのように、ハッシュタグを使いキーワードを設定することができます。そのため情報検索のツールとして多く利用されています。
Weibo上で活躍する芸能人・インフルエンサー・KOLが数多くいますので、各企業が商品宣伝するために多く利用しています。

Red 〜中国版インスタグラム〜

商品の口コミを見ることができるサイトです。企業がよくRed上でKOL・KOCを活用し、口コミ宣伝を行っています。旅行、美容、マタニティ・ベビー、ファッション、グルメ等の人気ジャンルに分かれ、審査が厳しいことから、高品質の口コミ投稿が多いと評判です。ユーザーの約8割が女性、しかも10~20代が約8割以上で、流行に敏感な若い女性たちに多く支持されています。

TikTok

ショートムービーの専門プラットフォームとして多く利用されています。
ライブ配信の機能もあり、最近ライブコマースのツールとしても多く利用されています。
凝ったネタを考えなくても、口パク動画を次々と気軽に投稿していくことができるところから、若い世帯の中で非常に流行っています。

Youzan Japanではこのようなプラットフォームへの投稿運用のサポートも行っております。

少しでも興味が湧いた方、詳しく内容をお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

TEL: 03-6822-3011

(受付時間:平日9:00~17:00)