· 

中国の富裕層は世界トップクラス!今後を踏まえたマーケティング戦略を紹介

中国の富裕層は世界でもトップクラスの数だとご存じでしょうか。
マーケティングを展開する市場を検討する上では大きな市場を狙うのが重要になります。
中国市場に目を向けていなかった方も富裕層の多い国として注目してみてはいかがでしょうか。この記事では中国の富裕層事情について今後を踏まえた戦略を提案します。

中国の富裕層は世界でもトップクラスの数だとご存じでしょうか。
マーケティングを展開する市場を検討する上では大きな市場を狙うのが重要になります。
中国市場に目を向けていなかった方も富裕層の多い国として注目してみてはいかがでしょうか。この記事では中国の富裕層事情について今後を踏まえた戦略を提案します。

1.中国の富裕層は世界第2位で増加数は平均並み

富裕層の世界各国における調査は多数の調査機関が実施しています。
世界的権威があるスイスのクレディ・スイスによる「Global Wealth Report 2021」では100万米ドルを超える資産を持つ成人の数を国別に報告しています。
同報告によると圧倒的1位を誇っているのは米国で、2,195万人が富裕層です。
中国は米国に続く2位で528万人もの富裕層がいます。3位は日本で366万人、4位はドイツで295万人、5位はイギリスで249万人です。

中国には先進国を圧倒するほどの富裕層がいるだけでなく、増加数についても他国に比べて劣っているわけではありません。
2019年から2020年における富裕層の増加数は中国では25.7万人でした。
米国の173万人やドイツの63.3万人と比較すると劣りますが、日本では39万人、イギリスでは25.8万人です。
先進国の状況に優るとも劣らない勢いで富裕層が増えているため、中国は今後も大きな資産を持っている人が消費経済に貢献していくと考えられます。

2.中国における新富裕層の誕生と動向


中国の経済や市場を考える上では新富裕層にも注目するのが重要です。
新富裕層とは近年になって富裕層に仲間入りした人たちですが、今までとは違う背景を持つ人が多い点で話題になっています。
上場企業の上級管理職、会長、監査役、各種専門家が給料と株式による資産形成に成功しています。
富裕層の中でこれらの役職の人が占める割合は2019年の時点では36%を占めていましたが、2021年には43%に増加しています。
新富裕層は新興産業でIPOに成功して株式による利益を得たケースが多く、中国市場における新しい資産形成のあり方が注目を浴びるようになってきたのが現状です。

3.中国の富裕層がアフターコロナで検討している消費行動

中国市場を視野に入れて市場展開をする上では、従来の富裕層や新富裕層の今後の消費行動について熟慮する必要があります。
中国富裕層の間では「ゼロコロナ」による規制で海外移住を求める意向が強まっています。
しかし、中国政府による規制も厳しいため、富裕層が海外に資本を移動することすら困難なのが現状です。
一方、アフターコロナに近づくにつれて富裕層の消費行動の視点が新しい方向に向いてきています。
株式会社行楽ジャパンによる中国富裕層ビジョンについてのインタビュー調査では、アフターコロナで海外旅行に行きたい場所として日本がトップに立ちました。
現状としてはコロナの影響で日本に行けないからこそ、ECを利用して手に入れられるものは購入するという意見が出ています。
質の良い日本の製品をECで買うのを当然としていて、それ以外は現地に行けるようになったら買いたいという意向もあります。
このような中国富裕層の動向を考慮して、今後の市場を検討するのは重要なポイントでしょう。

4.今後の中国市場は2つのアプローチが重要

中国富裕層をターゲットにすれば新たな市場展開を目指せます。
中国での富裕層の動向を考えると、2つのアプローチを進めるのが重要です。
まず、ECによる日本商品の購入の人気が高いことを考慮し、越境ECを進めるのが効果的です。

もう一つはコロナの影響の緩和によって中国人旅行客が見られるようになってきたことを考慮し、越境ECを活用した訪日観光客へのインバウンドマーケティングを進めることです。
日用品はECで、特別な日本の製品は旅行時に手に入れるという富裕層の意向があります。
商品やサービスの特性に合わせて2つのアプローチを活用するのが中国市場に新規参入する際に重要なポイントです。

5.まとめ

中国は米国に次ぐ世界2位の富裕層がいる国で、市場を狙う上では大きな魅力があります。
消費行動における日本の注目度も高いので、今が新規参入をするチャンスです。
Youzan Japanでは中国の富裕層や市場の最新動向に基づいて越境ECを代表とする各種マーケティングを総合サポートしています。
今後の中国市場に着目して市場展開をしていく際にはぜひ弊社にご相談ください。

記事監修者:聂 宏静(Nie Hongjing)
YouzanJapan CEO補佐 マネージングディレクター

数年前、アジアのシリコンバレーと呼ばれる深センでは、日本企業が深セン企業を視察するブームが起こっていました。その時、私は同時通訳として、日本企業視察団の人たちと一緒に様々なスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれました。大手日系企業で働く中で、数々の企業の創新創業のパワーに感動して、深センに進出。現在は、深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新情報の発信を行っています。
sugimoto

まずはお問い合わせ下さい

不明点やご質問など、ご興味をお持ちになりましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

オンライン個別相談

カレンダーからお時間を選ぶだけで、担当者にお客様のお悩みを相談できます。

メールでのお問い合わせ

詳しい事例のご紹介や、ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

サービス説明資料、過去のウェビナー資料など各種お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

Youzan中国進出サービスについて