· 

再来店率99%メンズヘアサロンの会員カードが大ヒットした理由は?

中国のメンズヘアサロン「喜剪猩男性理髪店」が有料会員カードによるマーケティングに成功して話題になっています。
喜剪猩男性理髪店では29.9元(約600円)の有料会員を瞬く間に882人も獲得し、99%の再来店率と1人平均5.4回の利用回数を記録しました。
会員カードの導入によって19万元の収入を得て大繁盛しています。
中国の店舗集客ではWeChat、美団、大衆点評、RED、TikTokなどを利用するのが一般的です。
喜剪猩男性理髪店ではWeChatの公式アカウントの運用を通して大ヒットを生み出すことに成功しました。
どのようにして成功の道筋を作り上げたのでしょうか。

1.会員カードによる3つのメリット

喜剪猩男性理髪店の戦略が功を奏した理由は会員カードによるメリットの全容がわかっていた方が理解しやすいでしょう。
有料会員になると3つのメリットが付与される仕組みになっています。

入会特典

まず、入会特典としてオリジナルの折りたたみ傘をもらえます。
29.9元(600円)で折りたたみ傘を一つもらえるなら特に損はしていないと感じるので、入会の敷居が低くなります。

割引特典

有料会員になると破格の割引特典が適用されます。
以下の4つの特典に加えてクーポンや会員限定のセットメニューも利用できます。

・髭剃り:8割引
・パーマカラー:8割引
・散髪:9割引
・ヘアセット:5割引

通常価格に比べて極めて安いという印象を与えるので、有料会員になるメリットが大きいと考えてもらえるでしょう。

会員サービス特典

会員カードを発行すると会員限定のサービスを受けられる特典もあります。
一対一のカスタマーサービス窓口の利用や、予約サービス、お問い合わせサービスなどを利用することが可能です。
顧客にとってユーザビリティの向上につながるサービスです。
気軽に予約できるので、リピーター獲得をしやすい仕組みにもなっています。

2.会員カードを大ヒットに導いた戦略

喜剪猩男性理髪店の会員カードが成功したのはお得な特典があるだけでなく、巧妙な戦略が立てられていたからです。
有料会員を獲得してリピーター化するための動線を設計して、見事に成功した事例になっているので詳細を見ていきましょう。

ターゲットに合わせた初期アプローチの実施

喜剪猩男性理髪店では2つのターゲットに絞り込んで集客戦略を立てました。
大衆点評、RED、TikTokなどにおける宣伝で店舗に誘導するのに成功した新規顧客が第一のターゲットです。
そして、WeChatの公式アカウントのフォロワーと既存顧客についてもターゲットに設定しました。
新規顧客に対してはせっかく来店したからお得なサービスなら試してみたいというユーザー心理に着目して、その場で使える特典豊富な会員カードの購入を促します。
既存顧客にはWeChatのフォロワーになった際に技術力やコストパフォーマンスの高さ、待たせないサービスについて示し、営業はしないと明確に伝えています。
消費者が気になる点を網羅的にカバーするメッセージを送ることで信用を得る工夫をしているのが特徴です。

リピート動線の設計

ターゲットを明確にして初期アプローチの努力をしてもリピーターになるとは限りません。
喜剪猩男性理髪店ではリピーター化について巧妙な動線設計をして成功しました。
喜剪猩男性理髪店では会員になると大幅割引になるだけでなく、会員限定のセットメニューも利用できます。
お金を払って会員カードを発行する人は、そもそも長期的にお得なサービスを受けたいという人でしょう。
有料会員になる時点で優良顧客としての期待があります。
優良顧客を獲得できたらWeChatに登録を依頼して、追加特典を与えています。

来店予約や問い合わせなどの会員特典サービスはWeChatに登録することで利用できる仕組みです。
登録を促した後はWeChatを通してお得情報や会員特典について伝えてリピーター化するようにプロモーションをしています。
有料会員になったからにはお得なサービスを最大限に利用したいという心理が働くでしょう。
その心理を巧妙に活かして「もう一度利用したい」という気持ちを沸き立たせるようにアプローチして成功したのが喜剪猩男性理髪店です。

3.まとめ

喜剪猩男性理髪店はターゲットに合わせて有料会員になりたい、リピートしたいという心理をかき立てる見事な戦略で99%もの再来店率を達成することに成功しました。
マーケティングのアプローチによって成功の可否が大きく分かれることがよくわかる事例です。
日本から中国市場にアプローチするときには、中国文化を理解してターゲットを定め、WeChatやTikTokなどの有用なプラットフォームを的確に活用するのが大事です。
Youzan Japanでは本事例のような業界動向に基づいて中国市場を獲得するための戦略を立案・実行しています。中国進出をお考えの際にはぜひご相談ください。

記事監修者:聂 宏静(Nie Hongjing)
YouzanJapan CEO補佐 マネージングディレクター

数年前、アジアのシリコンバレーと呼ばれる深センでは、日本企業が深セン企業を視察するブームが起こっていました。その時、私は同時通訳として、日本企業視察団の人たちと一緒に様々なスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれました。大手日系企業で働く中で、数々の企業の創新創業のパワーに感動して、深センに進出。現在は、深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新情報の発信を行っています。
sugimoto

まずはお問い合わせ下さい

不明点やご質問など、ご興味をお持ちになりましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

オンライン個別相談

カレンダーからお時間を選ぶだけで、担当者にお客様のお悩みを相談できます。

メールでのお問い合わせ

詳しい事例のご紹介や、ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

サービス説明資料、過去のウェビナー資料など各種お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

Youzan中国進出サービスについて