中国電商法

読み方

ちゅうごくでんしょうほう

用語解説

中国電商法は、正式名称「中華人民共和国電子商務法」と言い、2019年に施行された中国初のEC(電子商取引)に特化した法律です。ECに参入する際の経営条件、納税、あるいは規定違反に対する処罰を明確にするもので、近年急速に拡大するEC市場において、消費者や知的財産を保護するのを目的で作られました。対象者はECモールなどECプラットフォーム運営者、ECモールへの出店企業、企業または個人でECサイトを運営する者全般にわたり、海外業者も含まれます。この法律が制定された主な理由は、代購の取り締まりです。代購とは「代理購入」の略語で、たとえば外国で安価で購入した商品を自国に持ち込み高額で販売し、その差額を利益とするビジネスモデルを言います。この不当な価格操作を防ぐ目的で新しいルールが作られましたが、日本にとっては中国人によるいわゆる「爆買い」によって経済効果が高まっている実態もあり、この代購取り締まりによって中国人のニーズに応えている小売業者は売上が減少することが懸念されています。

中国電商法の使用例

中国電商法の制定によって不正を行うバイヤーが減ることから、日本にとってはむしろ正規品を販売するチャンスだ。

中国電商法の関連語

代講

中国電商法のGoogleトレンド検索結果

YouzanJapanの中国越境ECサービス

本気で中国進出を目指す企業様のパートナーとして、
テストマーケティングおよび徹底したデータ解析を元に、
越境ECの成功をフルサポートいたします!