モール型EC

読み方

もーるがたいーしー

用語解説

インターネットで商品を販売する際検討するのが「モール型EC」と「自社EC」です。「モール型EC」は「マーケットプレイス型」と「テナント型」に分けられます。前者はアマゾンのような一つの店舗に商品を集めて販売する仕組みですが、後者はいわゆるショッピングモールのように店舗がYahoo!や楽天市場などのテナントとしてテナント料を支払ったうえで出店を行っているという仕組みを指します。「モール型EC」はそこに人が集まってくるため、自身で宣伝しなくとも商品の存在をアピールできます。しかしながら、特色を出すことが難しく多くの店舗が集まることで価格競争が起きる場合があり、出店料を差し引くと利益が低くなってしまうというデメリットが挙げられます。一方「自社EC」では、デザインの自由度が高くロイヤリティも発生しない為高い収益が見込めます。しかしながら、立ち上げるまでに知識や時間を要することや、運営に当たりマーケティングを行い適宜修正や販売方法を変える必要がある為、気軽に始められないという点はデメリットといえるでしょう。まず気軽にECサイトを利用したいという場合は「モール型EC」がお勧めですが、手数料率等サイトによって異なるため事前にどのECサイトへ参入するかの見極めが大切です。

モール型ECの使用例

モール型ECはECサイト運営に必要なノウハウやサポートを提供がある為初心者でも運用しやすいといえる。

モール型ECの関連語

自社EC

モール型ECのGoogleトレンド検索結果

YouzanJapanの中国越境ECサービス

本気で中国進出を目指す企業様のパートナーとして、
テストマーケティングおよび徹底したデータ解析を元に、
越境ECの成功をフルサポートいたします!