Weishang(微商)とは?WeChat(微信)で越境ECできるの?

 

Weishang(微商)とは?WeChat(微信)で越境ECできるの?

 

微商とは?

「微商」とは、中国最大手のSNS「微信(WeChat)」を利用して販売や宣伝を行う新しいデジタルビジネス、あるいはそれを行うショップや人のことを指します。2015年頃からその流れは顕著になり、現在では、この微信(WeChat)内で商品を販売・宣伝をして売上回収することが一般的になっているのです。

 

Wechatの概要

微信(WeChat)は総利用者数が14億人を越える中国最大のSNSツールです。中国大手IT企業テンセントが開発し、中国版LINEとも言われいますLINEと同じようにクローズ環境の中でつながりのあるユーザーとチャットや音声通話で連絡が取れたり、WeChat Pay
(微信決済)を使ってリアル店舗での支払いやネット決済、ユーザー同士での送金機能などもおこなえます。WeChat Pay (微信決済)は日本でも広がりを見せるペイペイなどのQR決済の先駆けともいえるサービスです。

 

 

微商の概要

微信(WeChat)では、企業が公式のアカウントを通じて商品を販売したりサービスを提供するパターンと、個人アカウントで繋がっている友人などに向けて商品の宣伝・販売を行うパターンの2パターンがあります。売買の際には「WeChat
Pay」を利用するため、商品の宣伝から販売、購入、支払いが一気通関でおこなえる特徴があります。

ちなみに現在の市場規模は、5000億元(約8兆2500億円)を超えており、中国でのECの隆盛を物語るかのように短期間で大きな市場に成長しました。

微商で何かできるの?

そんな微商ですが、大きく3つの特徴的な機能があります。

 

微商の機能その① 朋友圏(モーメンツ)

微信(WeChat)のいわゆるタイムラインです。つながっているユーザー同士でしか見れないクローズドな設定です。

販売している商品やサービスを、つながっている友人やフォロワーに向けて投稿して紹介できる機能です。

「朋友圏」が人気な要因として、信頼ができる友人やつながりがある人から購入できる事が挙げられます。特に化粧品の様に直接肌につけたり、口にするものを適当な相手から購入するのは抵抗があるので、友人から購入する事は一番信頼できるチャネルでもあるのです。
また、海外の商品を「朋友圏」で購入する人も多く存在します。海外のECサイトに自分自身でアクセスして買物をするよりも、「朋友圏」で海外の商品を代理購入してる人から購入する方が気楽だからです。

 

微商の機能その② 群聊(グループチャット)

個人事業者では、取り扱っている商品やサービスに合わせてグループを選び、そのグループに参加して商品の宣伝・販売に関する投稿を行うことができます。販売目的のためにグループ作成も可能です。近年では、インフルエンサーとして企業や代理店と販売契約を結ぶユーザーも現れるなど盛り上がりを見せています。既に中国国内には、このような微商のインフルエンサーをマネージメントする企業も存在するのです。

 

微商の機能その③ 微店(ショッピングアプリ)

「微店」とは、スマホ向けのショッピングアプリを指します。出店自体は無料で、個人と企業を合わせて現在7,200万以上の出店が確認できる巨大規模のECサイトです。前述した「朋友圏」「群聊」を入り口として、「微店」にある自店舗への誘導をするなど、微信(WeChat)上で宣伝から購入・販売までできるようになっています。

企業の場合は、2017年からスタートしたWeChatの“アプリ内アプリ”「小程序」(ミニプログラム)WeChat内にリリースして展開していきます。こちらも個人事業者同様に宣伝から販売・購入・支払いをWeChatアプリ内のみで完結することができます。

モバイルECの開発・運営支援を手がけ、テンセントをSaaSで支援する「有賛(youzan.com)」の有赞商城は、中国最大のWeChatショッププラットフォームです。同社の有料サービスを利用しているユーザーは10万を越え、取り扱い商品はコスメや教育、ベビー&マタニティ用品、生鮮食品、メディアサービスなど多岐に渡り、これらミニプログラムの効果はオフライン、実店舗にも波及しています。

微商でよく売られる商品は?

2020年の微商における人気商品をランキングでまとめてみました。

  • 1位:健康食品、サプリメント
  • 2位:下着、衣類
  • 3位:幼児向け商品・妊婦向け商品
  • 4位:化粧品
  • 5位:フェイシャルマスク
  • 6位:スポーツ・レジャー用品
  • 7位:スナック菓子、ドライフード
  • 8位:洗濯用洗剤、トイレットペーパーなどの日用雑貨類
  • 9位:ブランドのバッグ、時計
  • 10:位酵素製品

微商でのプロモーション方法

 

網紅(KOL)を通じて宣伝を行う

いわゆるインフルエンサーマーケティングのこと。中国では、インフルエンサーはKOL(Key Opinion
Leader)と呼ばれ、ネット上の有名人、ネット上で力のある人を指します。そんなKOLを利用して自店舗の商品を宣伝するのが中国では一般的なプロモーション活動の一つです。商品をただ紹介するだけではなく、使用したレポートを動画で発信したりするなど手法もどんどん進化しています。

 

WeChat内の広告で集客

アクティブユーザーが10億人を越えるといわれるWeChatのユーザーに向けて商品広告を出稿し、内部流入を増やすプロモーション手法が一般的です。WeChat内の広告には以下の3種があります。

公众号广告(公式アカウント広告)
朋友圈广告(モーメンツ広告)
小程序广告(ミニプログラム広告)

公众号广告(公式アカウント広告)は、5万以上のフォロワーを持つアカウントユーザーや企業アカウントのページ上にバナー形式で表示される広告です。

朋友圈广告(モーメンツ広告)は、WeChatの個人ユーザーのモーメンツ上の投稿に広告が表示されるもので、LINEのタイムラインに広告が出るようなイメージです。広告の配信手法も複数あります。

小程序广告(ミニプログラム広告)は、WeChatのミニプログラム上に表示される広告です。汎用性の高いバナー出稿型の広告や、ゲームと連動して動画再生されるタイプやポップアップ型などの配信方法があります。

Wechat外部でのプロモーション

WeChat以外のサイトにディスプレイ広告を出稿し、自社サイトへの誘導をおこなうなど、外部露出を多くして流入を増やす方法です。実店舗があれば自社アカウントのQRコードをお店に設置するなどして外部流入につなげます。日本におけるLINE@と同じようなプロモーション手法にあたります。

日本で微商できるの?

現在はコロナによる渡航制限があり、インバウンドでの売上が大幅に減少している地域や業種の方も多く、中国での販促を検討されていることでしょう。微商で中国への越境ECに参入したいところですが、微商をおこなうにはどうすればよいのでしょうか?

無料でアカウント開設はできるが煩雑な作業が必要

Youzan japanの越境ECサポートでは、気軽に中国への越境ECを始める事ができます。中国語が分からなくても問題ありません!複雑な海外対応やオペレーションは必要なし!既存の国内向けECの感覚でOK!中国のユーザーとの対応はYouzanjapanが担当、テストマーケティングにも適しています

微店の登録、及びアカウント取得には、微店アプリをダウンロードするところから始めます。ダウンロード後は、トップ画面から出店ボタンを押し、中国で登録された電話番号を入力する必要があります。
携帯番号を入力して送られてきた認証コードを入力することでアカウントが取得できます。

微店のアカウント画面ではメニューや商品紹介ページを作成できます。 大きな特徴として、微店への出店費用は無料です。そして、決済で利用できるのは、WeChat Pay、AliPay、クレジットカード、デビットカードなど。

微店で商品を販売をする為には、中国での身分証番号や中国銀行の口座番号が必要になります。個人での手続きには手間が掛かってしまいますので、アカウント開設には代行会社に業務委託することをお勧めします。

Youzan japanではテストマーケティングから越境ECをスタートできます!

『いきなり高額な予算を投入することが難しい』
『テストマーケティングとして安価に越境ECを始めたい』
『中国向けのプロモーションやマーケティングのノウハウがない』
といった方に向けて、YouzanJapanでは、中国への越境ECをテストマーケティングからサポートを実施しております。

複雑な海外対応やオペレーションは必要なく、既存の国内向けECの感覚で運用ができ、中国のユーザーとの対応はYouzanjapanが対応しますので中国語が分からなくても問題ありません。

Youzan Japanでは、WeiboやWeChatなど主要SNSでのKOLを活用した販売促進や、ライブコマースのノウハウを豊富に持っており、日本企業の中国マーケットへの参入を後押しいたします。

最後に

コロナ以前にインバウンド事業が盛んな時期でも、多くの企業や団体が海外向けにSNSで発信をおこない、ビジネスチャンスを掴もうとしていました。しかし、アカウントを開設後に投稿だけになってしまい上手くいかない事例も多く見受けられます。ノウハウのない中で日本企業の担当者が奮闘している事も多いのではないでしょうか。YouzanJapanでは、中国Youzanのリソースと、ノウハウを活かした効果的な越境ECの支援をご提供しています。また微信(WeChat)、「微商」に関しても実績は豊富です。

ご興味を持たれたら気軽にお問合せください!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

 

記事監修者:杉本 武寛(Takehiro Sugimoto)
取締役 CMO

10年間ほど日中連携したインサイトsalesに携わってきました。コロナ禍、国際線の運航が制限されインバウンドが激減する中、日本の地域経済の活性化を目的として、ワンストップで中国越境ECサービスを提供し、海外展開を目指す中小企業者200社以上のサポートをしてきました。現在は、大手航空会社と日本全国、各都道府県の名産品と観光資源や文化などの情報を中国に届けるプロジェクトを担当しています。
sugimoto

まずはお問い合わせ下さい

不明点やご質問など、ご興味をお持ちになりましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

オンライン個別相談

カレンダーからお時間を選ぶだけで、担当者にお客様のお悩みを相談できます。

メールでのお問い合わせ

詳しい事例のご紹介や、ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

サービス説明資料、過去のウェビナー資料など各種お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

Youzan中国進出サービスについて